マルナカ工作所のある兵庫南部地区とは? その5:ウズラボ

マルナカ工作所の空間づくりに関するもろもろの仕事を担当するのはウズラボです。
ウズラボは、マルナカ工作所と同じ、神戸市兵庫区に拠点をもつ建築設計事務所で、長屋の耐震改修プロジェクトを多く手がけています。また、設計のみならず、 築100年を越える町家でマーケットを企画してエリア価値を高めるための場所づくりもおこなっています。

ウズラボが携わった改修プロジェクト 山之内元町長屋(撮影:多田ユウコ)
ウズラボが携わった改修プロジェクト 山之内元町長屋(撮影:多田ユウコ)
ウズラボが携わった改修プロジェクト 山之内元町長屋(撮影:多田ユウコ)
ウズラボが携わった改修プロジェクト 山之内元町長屋(撮影:多田ユウコ)
毎月第三土曜日に開催される嶋屋喜兵衛商店「おふくいち」の様子
毎月第三土曜日に開催される嶋屋喜兵衛商店「おふくいち」の様子
毎月第三土曜日に開催される嶋屋喜兵衛商店「おふくいち」の様子
毎月第三土曜日に開催される嶋屋喜兵衛商店「おふくいち」の様子

ウズラボのオフィスは、近所の材木屋さんのデットストックを活用した、木に囲まれた空間となっており、壁や天井そして棚など、インテリアの大半はDIYで製作されました。

ウズラボオフィスの入口
ウズラボオフィスの入口

ウズラボオフィスでは、空間の構成はもちろんのこと、DIYによる細部のおさまりもこだわりました。
例えば、壁を構成する材料はすべて特殊な実(さね)加工が施されており、厚みの異なる材でも片面は必ずフラットになるうえ、ビス打ち箇所が隠れて仕上がりがとてもきれいです。この実加工は小池加工所がおこなっています。
また、デッドストック木材という特徴を生かし、さまざまな樹種の木材が縞模様を構成するようにランダムに並べ、表情豊かな空間が作り出されています。大小さまざまな形状の開口部がそこかしこに設けられ、内と外を複雑につなげ、視線が抜けつつもプライバシーが確保される空間が構成されています。

細部のこだわり(実加工)
細部のこだわり(実加工)
さまざまな素材の組み合わせ(デッドストックの活用)
さまざまな素材の組み合わせ(デッドストックの活用)
外部と内部のつながり(開口部のデザイン)
外部と内部のつながり(開口部のデザイン)

地域資源と技術を活用することで、DIYと言えども空間的に高いクオリティを確保できます。マルナカ工作所プロジェクトは、木工作業場を整備して開放することに加え、プロジェクトを通じてモノ・ヒト・コトによる地域コミュニティを再構成し、地域資源とそこで培われた技術をユーザーに還元していく仕組みづくりをおこないます。

ウズラボ
http://www.uzulab.info/