パンデイロ

マルナカ工作所プロジェクトの実行メンバーの寺井靖さんは、sumikovという楽器ブランドを立ち上げ、パンデイロという楽器をフルハンドメイドで製作しています。そんな寺井さんが数人を引き連れてマルナカ工作所にやってきました。

寺井さんが製作しているパンデイロという楽器は、サンバやボサノヴァで用いられ、タンバリンによく似た形状をしています。タンバリンはシンバル部をカチャカチャと鳴らしますが、パンデイロは皮が張ってあり、それをパーカッションのように叩いて音を出します。

マルナカ工作所での撮影をひと通りおこなって、次はウズラボに移動します。

ウズラボでは、簡単な打ち合わせの後、まずは部品をバラして部品の撮影をおこないました。そして、カメラの前に立った寺井さんは、パンデイロを片手に演奏を始めます。

詳しくは3/8(水)深夜1時59分から読売テレビで放送される「音力」をご覧ください。
http://www.ytv.co.jp/music_power/index.html

sumikov
https://www.facebook.com/sumikov8/