マルナカ工作所に元々にあった「木工旋盤」を修理して使い、新たに「ウッドターニング」も導入します

マルナカ工作所プロジェクトのクラウドファンディングを開始して怒涛の日々ですが、有難いことに、皆様に支援していただいて早くも10万円を超えました。

このページでは、「マルナカ工作所」がどのように変わっていくのか、どんな場所になって、どんな木工機械があるのか、そして、リターンの商品の紹介などを報告していきたいと思います。

さて今日は、我が工房に「ナカジマウッドターニングスタジオ」の中島くんがやってきてくれました。

実は、工房には「木工旋盤」という木工機械が奥の隅の方にひっそりと存在していたのですが、ホコリを被ってるし、鉄は錆びてそうだし、触るのが怖くてそっとしていたのですが笑、使えるかどうか、直したら使えるのかをウッドターニングの先生、中島くんに見にきてもらったのです。

この旋盤はかなり年期が入ってるようで彼が見たことのある旋盤の中でも最も古い機材だそうです。旋盤自体はかなり古いものですが、問題なく使えるとのことで、削る刃物も手入れをすれば全然使えるようです。

一気にテンション上がります。

このおじいちゃん旋盤を手入れして使いつつ、さらに新しいMade in USAのウッドターニングも導入する予定です。この2機種を使って、様々な器やお皿、コップなどが自分で作れる講座を中島くんの講師で展開していきます。

支援のリターンでも出している「六甲山ヒノキの酒器 ぐい呑み」

こんなのが自分で作れてしまうなんて凄くないですか。

このリターンも人気でして早速お二人の方が支援していただいています。